スワッピングの基礎を知ろう

スワッピングという言葉自体知らない人もいるでしょうし、言葉は知っていても具体的な意味をよく知らない人も多いと思います。
今回は、スワッピングの基礎についてご説明していきます。

スワッピングは、簡単に言えば全く違う夫婦同士が、お互いのパートナーを交換することです。
そして、それぞれ異なるお相手と、お話をしたりセックスをしたりするのです。

例えば、A夫妻とB夫妻がいたとします。
そして、お互いのパートナーを交換して、A夫とB妻、A妻とB夫がそれぞれ関係を結ぶのです。
その後、お互い別々の部屋で会話やセックスをして、今まで味わったことがない刺激を受けたり、快楽や興奮で性欲を満たしたりするのです。

浮気や不倫と決定的に違うのは、夫婦合意の元で行っていることです。
そもそも、お互いの合意がなければスワッピングはできないので、その点で浮気や不倫とは決定的に違うと言えるのです。

したがって、そこまで罪悪感を感じることもありませんし、後ろめたさは申し訳なさを抱くこともないのです。
パートナーだって同じことをしているのですから、躊躇なくスワッピングを行うことができるのです。

なぜスワッピングをするのかと言いますと、どうしても夫婦生活が長く続くと、普段の生活にしてもセックスにしても、マンネリや物足りさなを感じてしまうのです。
まして、今は夫婦共働きの時代ですから、昔以上に夫婦関係は冷めやすい時代になっているのです。

それを解消させるために、スワッピングという大胆かつ過激な行為をすることによって、夫婦関係をまた良くするきっかけが掴めるわけです。

夫婦交換でスワッピングの何が変わる?

スワッピングとは一時的に夫婦間でセックスをする相手を交換する行為の事です。
結婚して何年、何十年とたつと、愛する気持ちはあったとしても新鮮味はなくなってしまいますよね。
それはセックスでも同じで、セックスもマンネリ化し、セックスレスになってしまう夫婦も少なくないでしょう。
しかし大抵はその場合、相手には内緒でセフレを作る不倫をする事を選びます。
バレなければ何をしても大丈夫・・・・家庭を壊すつもりはないと思っているのかもしれません。

ですが、やはり不倫をすれば、態度も変わってしまい、バレるのも時間の問題となるでしょう。
バレた時に相手は裏切られたと思うでしょうし、家庭も壊れてしまうかもしれません。
対してスワッピングは、まず夫婦ありきで夫婦単位でセックスをする事です。
基本的には同じ部屋で行われる事が多く、妻が別の男性に抱かれている姿を見て興奮するというわけです。

そのため妻以外の女性とセックスをするけれど、妻の視線がある事で裏切りの行為にはならないのです。
また自分だけでなく、妻の方も別の男性に抱かれているわけです。
自分のものが奪われたという刺激も加わり、興奮します。

つまり不倫では味わう事が出来ない刺激をスワッピングでは得る事が出来るのです。
自分の妻が他の男に抱かれたという事で所有欲や嫉妬が加わり、取り戻そうとするでしょう。
それに妻が他の男性の欲望の対象になると意識する事で、妻を女として見るようにもなります。

つまりセックスレスだった夫婦がもう一度、セックスをしたいという気持ちを取り戻す事が出来るのです。
スワッピングに悪いイメージが強いかもしれませんが、実はメリットの方が多いと言えるでしょう。

スワッピングの相手の探し方

スワッピングの相手はどうやって探しているのでしょうか?
本来であれば、理想は家族ぐるみで付き合いがある夫婦との間でスワッピングする事です。
お互いに気心しれている相手だという安心感もあるでしょうし、恋愛感情はないにしても好意はあるはずです。

しかし家族ぐるみの付き合いをしている夫婦だからこそ、スワッピングの提案なんてしにくいという状況もありますよね。
もしスワッピングの話を切り出して、相手の夫婦は嫌悪感しかみせずに、それをきっかけに家族ぐるみの付き合いが壊れる。
そのケースが一番起きて欲しくない事ですよね。

特にせっかく子供たちが仲がよくて、そして家族ぐるみで一緒にキャンプをしたりといい関係を築いていたら尚更です。
スワッピングの誘いがきっかけで関係が壊れたなんて事になれば、子供にも説明しようがありませんよね。

そのためスワッピングは同じ性癖の人達と、するというのが一般的です。
昔は蛇の道は蛇という言葉もありますが、同じ性癖の人同士の集まりなどに顔を出し、知り合いを作るというケースが多かったようです。
しかし最近はネットを介して知り合うケースが増えているようです。
確かにネットを介した場合は、匿名性が守られるという利点がありますが、逆に相手の事が何も分かりません。
1人ではなく、夫婦で参加するという点でそれほど大きなトラブルに発展する事はないと思います。
ですが、もしスワッピングの約束場所に、妻が急に体調を崩して・・・・なんて理由で男性が一人でやってきた時は信用してはいけません。
夫婦の参加が鉄則で、それを守れない人は要注意人物だと言えるでしょう。

スワッピングを重く考える必要はない

スワッピングでは、自分のパートナーが別の誰かとセックスをすることになるわけです。
それを思うと、かなり重く考えてしまう人も多いかもしれません。

ただ、スワッピングというのはそこまで重く考える必要はないのです。
ちょっとしたパーティーの感じで、もっと気軽に捉えればいいのです。

最近では、いわゆるスワッピングのイベントやパーティーを開催していたりもします。
ネットやサイトで参加者を募集して、いろんな夫婦同士で会話をしたりして、最終的にスワッピングする相手を指名するわけです。

会場は和気あいあいとした雰囲気で、お酒や軽食を嗜みながら、楽しく過ごすことができるのです。
その後にスワッピングをするわけですから、事前にしっかりと会話をしているので、それだけ安心感を持ってスワッピングができるのです。

お互いのパートナーを交換し、別室でそのままセックスを楽しむのです。
自分のパートナーが、どんなセックスをしているのか、どんなエッチを楽しんでいるのか、それを考えると興奮と嫉妬を感じると思います。

でも、それが夫婦関係を良くするきっかけにもなりますし、現にそれで夫婦関係が修復した人も多いのです。
ですから、興奮すればするほど、嫉妬をすれするほど、パートナーの良さを実感することができるのです。

したがって、決して浮気や不倫のような許しがたい行為とは違いますし、お互いのことを想ってこそ、スワッピングという手段を行うわけです。

そういう意味では、スワッピングに対してそこまで強い抵抗感を抱く必要はありませんし、新たな夫婦生活をスタートするためのきっかけにすればいいのです。

スワッピングが密かに流行中

世の中にはさまざまなセックスプレイが存在します。
中には、一般的な常識では考えられないようなものもあるのが現実です。
そのひとつが「スワッピング」です。
スワッピングとは、男女のカップルがそれぞれのペアを交換してセックスを愉しむというものです。
ほとんどの人は、自分のパートナーがよその人とセックスをすることに拒絶反応を起こすはずでしょう。
いや、そんなこと考えも及ばないという人も少なくないに違いありません。
しかしスワッピングの愛好者は、そのエロさを一度経験してしまうと普通にセックスするよりも興奮するのでやめられないといいます。
スワッピングはお互いのパートナーを交換することから、それぞれの同意のもとに行なわれなければなりません。
世間の常識や倫理的には問題があるかもしれませんが違法ではないので、風俗店に行ったり援助交際などでセックスをするよりもはるかに健全といえるでしょう。
実は、最近スワッピングをする人が密かに増えているのです。
というのも、これまでスワッピングをしたくてもプレイを受け入れてくれるカップルを探し出すことがなかなか難しかったものですが、SNSの普及によりそれが容易になったからです。
それだけ世の中にはスワッピングに興味があったり、スワッピングをしたいと考えている人がたくさんいるということなのかもしれませんね。
SNSサイトにはセックス愛好家の集うサークルもあり、定期的にプレイを実施しているといいます。
メンバーは夫婦や恋人に止まらず、エロい出会いのために付き合っているというカップルもいるそうです。

夫婦生活に刺激を求めて

「夫婦交換」という言い方をされることもある「スワッピング」ですが、行なうのは必ずしも夫婦である必要はありません。
恋人同士のケースも少なくなく、その場合も「夫婦交換」と呼びます。
いずれにせよ、自分のパートナーと行なう通常のセックスよりも大きな刺激となるために、はるかに大きな性的快感を得ることができるといいます。
新しい相手とのセックスが新鮮な刺激と興奮を与えてくれるだけでなく、自分のパートナーが自分とは別の異性に抱かれているという「背徳感」も更なる刺激と興奮を生み出すのです。
夫婦交換というと、マンネリ化した夫婦関係を改善したいと行なうケースが多いのですが、まだまだお互い気持ちが通じ合っているカップルがする場合も少なくありません。
いずれも、夫婦交換をすることでお互いにパートナーへの愛情を深めることを目的にしているといえるでしょう。

また、熟年、それも還暦を過ぎてからのカップルが夫婦交換をすることもあります。
これは夫婦交換の刺激によって、思うようにならなくなった性的機能を蘇らせるようという思わくもあるのです。
そしてその成功により、また新たな夫婦仲が始まるのです。
夫婦交換はただセックスの興奮を求めるだけでなく、このように味気ない日々の生活におけるスパイスの役割をも果たしているのです。
ただし夫婦交換はあくまでもパートナーの同意のもとに二人で行なうもの、しかしその同意を得るのがなかなか難しいことも少なくありません。
下手をすると却って夫婦不仲に陥ってしまうこともあるのでご注意を。

夫婦交換で夫婦円満

離婚の理由にしばしば「性格の不一致」が挙げられますが、実はこれって「性の不一致」であるといわれることもあります。
このように離婚の原因ともなりかねない夫婦間のセックスですが、世の中では「たかがセックス」とあまり意に介していない傾向も見られるようです。
セックスは身体の交わりですが、同時に心の交わりでもあるのです。
新婚生活ではまさに毎日のように「心身共に」コミュニケーションを重ねていても、やがてその回数は減ってきます。
セックスの回数が少なくなるということは、精神的コミュニケーションも減ってしまうということに繋がるのです。
セックスの回数が減る理由にはいろいろありますが、マンネリ化もそのひとつです。
同じパートナーとの同じようなセックスの繰り返しではマンネリしてしまうのも仕方ないといえるかもしれません。
そのために少なくない人たちが刺激を求めて別の異性とのセックスを求めて浮気や不倫をしているのですが、実は夫婦交換もマンネリ解消に非常に有効なのです。
夫婦交換はいつもと違う相手といつもと違うセックスができるだけでなく、自分のパートナーが自分とは違う異性とセックスをしているという状況によって非常なる興奮を生み出してくれるのです。
夫婦交換を始めてからマンネリが解消されただけでなく、パートナーに改めて興味を持つことができて夫婦仲が改善されたケースは珍しくありません。
このようなメリットのある夫婦交換ですが、行なうためにはカップル二人の同意が必要です。
一人に興味があってももう一人は抵抗を示すことも少なくないようですが、説得すれば案外応じてくれることも多いようですよ。

夫婦交換の難しさは妻の了解

夫婦交換をしたいと思っている男性は少なくないでしょう。
夫婦間でセックスをする相手を交換するなんて刺激的ですよね。
しかしながら夫婦交換の難しさとは妻の了解を得る事です、

妻に内緒でホテルに連れてきて、いきなり見知らぬ男性と今からセックスをしろなんて言われて納得するわけがありません。
その場で修羅場になってしまいそうですが、そもそも妻の了解も得ていないのに夫婦交換の相手を探す事など言語道断です。

では夫婦交換について事前に話しておけば納得してくれるのか?というとそれもまた難しい問題です。
最近は不倫をする人妻が増えているという話も耳にします。
夫に隠れて不倫をしている妻であれば、夫から夫婦交換の話をされても、そうゆうのもありかと受け入れてくれるかもしれません。

しかし夫とのセックスももうイイやと拒絶して、子育てをして家事として、平凡な毎日を壊したくない。
そんなふうに思っている妻にしてみれば、夫婦交換なんて平凡な毎日を壊す非常識なモノだと考えるかもしれません。
そしてそんな話を持ち掛ける夫に対して不信感を持つかもしれません。

それはそうですよね、夫が自分以外の女性とセックスをしたいとカミングアウトする行為だからです。
それなら隠れて不倫をしてくれた方がよっぽどマシ。
夫の変な欲望に自分を巻き込まないで欲しい、そう思う妻も少なくないでしょう。
夫の浮気までは許しても夫婦交換は許容範囲、そう考える妻も多い事は事実です。

自分の妻は夫婦交換の話をしても大丈夫なのか?そして夫婦交換に了解を得る事が出来るのか?
その判断が一番夫婦交換を実現する際に難しいところなのかもしれません。

夫婦交換の世間体と本音

日常生活の中で例えば隣に住んでいる夫婦に「これから夫婦交換をしませんか?」なんて話を持ち掛けたら大変な事になってしまいます。
それまで良好なご近所付き合いをしていて、そして妻同士も仲が良かったとしてもその発言のせいで関係に亀裂が入ってしまいます。
すわっぴんぐをするのならネットで知り合った何も知らない相手よりもお互いがどんな相手が知っていて信用出来る相手とした方がリスクが少ないと思われるかもしれません。
しかしそう簡単な話ではないのがすわっぴんぐなのです。

本音ではすわっぴんぐに興味があったとしても妻の目を気にして、または世間の目を気にして実行に踏み出せない男性の方が多数です。
そしてそうゆう状況だからこそよく知っている相手の中からすわっぴんぐの相手を探すのではなく、最初からすわっぴんぐをしたいと思っているネットの出会いの中から相手を探すのです。

確かに相手がどんな人なのか分からない、本当に大丈夫なの?と思われるかもしれませんが、よく考えれば相手にも妻がいて変な男にはセックスをされたくないと思っているでしょうからお互いが相手選びには慎重になります。
その結果ちゃんとした相手とすわっぴんぐが出来るというわけです。
もっとも常識ある人はすわっぴんぐをしようとは思わないでしょうから、そうゆう意味では性的なモラルに対しては常識があるとは言えないのかもしれません。
ただ妻を傷つけたりしないし、動画にとって盗撮なんて事もしない、単純に夫婦間でセックスをする相手を交換して楽しみたいと思っているだけであれば誰かに迷惑をかけているわけではありません。
性癖なんて人それぞれ違っていて、性癖をオープンにする必要はありません。つまり世間では常識人を振る舞ってひそかにすわっぴんぐを楽しむぐらい全然いいと思うわけです。
そして相手を探す方法として一番効率的なのが出会い系サイトというだけの話です。

中高年世代が多いすわっぴんぐ

すわっぴんぐをする世代に関してですが、やはり中高年が多い傾向にあります。
特に、30代の半ばから後半ぐらいにかけて、すわっぴんぐを行う夫婦が多くなっているのです。

やはりこの年代になると、マンネリや味気なさを感じるようになり、セックスに関しても満足できなくなることが多いのです。
まして、夫婦共働きであれば、お互いかなりの距離ができてしまう可能性もあるので、そうなれば夫婦仲は完全に冷たくなってしまいかねないのです。

そこで、すわっぴんぐを行うことによって、現状打破を目指して、また今までにない刺激を得たいと思うわけです。
そうすることによって、お互いの良さを改めて認識することもできますし、非日常的な経験をしたことで、大きな満足感を得ることもできるのです。

すわっぴんぐの経験を、終わったからお互いに話し合うことによって、興奮を感じたり楽しさを実感できたりするのです。
その結果、またお互いに良い関係になることができ、また仲の良い関係で夫婦生活を過ごすことができるのです。

中高年ということもあり、ある程度人生経験も豊富ですから、自分のパートナーが誰かと関係を持ったところで、それがすわっぴんぐだと十分に理解をしているのです。

正直なところ、すわっぴんぐが果たして道徳や倫理的に良いものかと言うと、何とも言えない部分もあります。
浮気や不倫よりはマシだと考える人もいれば、どっちもどっちだと考える人もいるでしょう。

ただ、少なくともお互いに納得をしているのであれば、世間の見方や評価は気にする必要はなく、自分たちにとってベストな選択を取ることが大事なのです。

すわっぴんぐで関係を取り戻そう

夫婦というのも長い年月をともにしていると、その関係がだんだん冷え込んでくることはよくあることです。

そのまま離婚をしてしまう夫婦もあるでしょうが、なんとかがんばって関係を維持しようとお互いに努力をしている夫婦も数多くあることでしょう。

多くの夫婦がセックスレスに陥っているといわれていますが、セックスというのは夫婦関係の中でも重要な位置を占めていることは間違いありません。

冷え切った関係であっても、できるなら元のように愛し合える関係に戻りたいと思っている夫婦もいるかもしれません。

ただ、一度冷え切った関係を元通りに修復するのは困難で、どうしたらいいのかわからないという人も多いでしょう。

そこで、劇的に関係を改善できる方法を紹介しましょう。ちょっと異常とも言える方法ですが、お互いが納得できるのであれば、たいへん有効な方法と言えるのです。

それはすわっぴんぐです。もちろん、これには抵抗感を覚える人も少なくないはずですが、どうせセックスをしない夫婦であれば、他の同じような夫婦と相手を交換してセックスをしてみるのもアリではないでしょうか。

すわっぴんぐは試してみるとわかりますが、これまでになかった刺激を得ることが可能で、こうした刺激が夫婦関係にも影響を与え、関係を改善する刺激剤になることも多いといわれているのです。

こんなケースにご注意を

すわっぴんぐは「夫婦交換」という言い方をされることもあります。
しかし、必ずしも夫婦でなく恋人同士が行なうこともあります。
つまり、2組以上のカップルがお互いのパートナーを交換してセックスをすればそれがすわっぴんぐとなるのです。
ところで、すわっぴんぐをする際にしばしば起こり得るトラブルがあります。
そのひとつが、二組の夫婦ですわっぴんぐを行なうはずで待ち合わせ場所に出掛けると、そこには男性がひとりで待っているといったケースです。
奥さんはどうしたのか?と尋ねると、都合が悪くなった、体調がすぐれないなどの言い訳をいうのです。
じゃあすわっぴんぐはできないからと解散しようとすると、男性は「せっかく集まったのだから三人で…」と持ち掛けて、結局夫婦その男性の三人でプレイをすることとなるわけです。
プレイはそれなりに盛り上がるかもしれませんが、すわっぴんぐをするつもりで来た夫婦は今一つ消化不良が残ってしまうこととなります。
こういったケースは少なくないのですが、実はこの男性、ひょっとするとただ「複数プレイを愉しみたい」独身男性という場合も考えられるのです。
つまり、最初からすわっぴんぐをするつもりなどなく、三人でセックスプレイを愉しむためにこの夫婦を利用したというわけです。
騙された夫婦にすればまったく腹立たしいことですが、こんな状況を防ぐ有効な手立てはないのが現状です。
最近はすわっぴんぐの相手を探すためにインターネットの出会い系サイトを利用することが多いのですが、相手のわからないネットではこのようなトラブルがしばしば発生しているので、くれぐれもご注意を。

Copyright© 2015 エッチなスワッピングサイトと言えばこのサイト All Rights Reserved.